「run into」”ばったり遭遇する”以外でも使える他の意味をおさえよう

Are you guys running into problems?
ー 何か問題に直面している?


本日のGabbyトレーニングで英語表現学習は、Yes/No questionsからの出題。


「run into」と聞いた時に、どんなイメージを抱きますか?

一般的に多く使われるのは「(ばったり)遭遇する・出くわす」という意味で、これを一番に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
ですが、「run into」は実はこの意味以外でも、様々なシーンで使うことができる非常に便利な熟語なのです。

今回はその一部をご紹介していきますよ。


「run into」で表すことができる表現

(問題や困難・物に)直面する

例:Are you guys running into problems?
何か問題に直面している?

トラブルや困難に直面した時に使われる「run into」。車や障壁など、物理的に何かに衝突した、という際にも「~にぶつかる・衝突する」という意味で使うことができます。
他の同義語として「encounter」などがあります。

ばったり遭遇する

例:I ran into Koji at the event for the first time in years.
イベントで久しぶりにコウジにばったり会ったよ。

友人や知人に道端などで思いがけず遭遇した、という場面で使われる「run into」。「会う」という観点から「meet」と混同して使用されることもありますが、「meet」は元々誰かと約束をしていた際に使われる単語。偶然会ったことを示す際には使われないので注意しましょう。
「run into」と同様の意味では「bump into」もよく使われますよ。

大きな数に達する

例:Sales for this fiscal year will run into several billion yen.
ー 今年度の売上高は数十億円に達する見込みです。

お金や数量など、何かしらの値が大きな数字に達する際に使用します。
通常、具体的な数字を示すというよりも、「hundreds 」「thousands 」「millions」など、ある程度の幅を持たせた数字に使われます。


いかがでしたか?
よく使われるのは上記の2つですが、3番目の意味も覚えておくと、ばったり遭遇した(run into)ときに混乱せずに会話についていけるでしょう。


この他にも、Gabbyトレーニングでは、英語ネイティブ監修の今すぐ使える自然な英語表現が学べます。
ぜひ無料体験でその一部を学習してみてください。