「hand in」”提出する”の3つの表現を使い分けられるようになろう

You’ve handed in your report before the deadline.
ー 締め切り前にレポートを提出しましたね。


本日のGabbyトレーニングで英語表現学習は、UGCV questionsからの出題。
何かを提出する際の表現についてです。


レポートや見積書など、様々な提出すべき物があるビジネスパーソン。
皆さんは「~を提出する」という時にどんな英語表現を使っていますか?

一般的に皆さんが思い浮かべるのは「submit」かもしれませんが、一口に「~を提出する」と言っても、状況に応じて表現の仕方は異なります。
本文章内で使われている「hand in」も異なるニュアンスで使われる表現のひとつ。

今回は日常会話において多く耳にする「submit(提出する)」の類似表現をご紹介していきます。


「~を提出する」を意味する英語表現

hand in

例:You’ve handed in your report before the deadline.
ー 締め切り前にレポートを提出しましたね。

「~を提出する」という意味で使われるものの、単純に何かを提出することを指すのではなく「手渡しで提出する」というニュアンスが込められています。「hand」が使われていることから推測できるかもしれませんね。
英語ネイティブがカジュアルによく使う表現の一つです。

turn in

例:Please be sure to put the date on the top of your quotation before you turn it in.
ー 見積書を提出する前に、必ず上部に日付を記入してください。

「turn in」も申込書などの書類を提出する際に、日常会話・ビジネスシーン関わらず頻繁に使われる表現です。
「支給された物を返却する」という意味でも使われることがありますよ。

submit

例:I have to submit this proposal for a new business by the end of this week.
ー 今週末までにこの新規事業提案書を提出しなければならない。

何かを提出する際に、一番多く使われるのがこの「submit」ではないでしょうか。
「hand in」「turn in」よりフォーマルに使われるこの単語、実は単純に「提出する」という使われ方だけではなく、「承認をもらうためや、提案を求めて提出する」というニュアンスを含むこともあります。これは、「submit」が持つ「服従する・屈服する」という意味から来ているとされています。

そのため、例えば上司から承認を受けたり助言を求めて資料を提出をする、という場合にはこの「submit」を使うと良いでしょう。


いかがでしたでしょうか?
「提出する」の表現は実が奥が深いもの。実際に使用する機会がある場合には、ぜひ、適したシチュエーションで使い分けてみて下さいね。


この他にも、Gabbyトレーニングでは、英語ネイティブ監修の今すぐ使える自然な英語表現が学べます。
ぜひ無料体験でその一部を学習してみてください。